SEO対策レポート無料プレゼント中!

あなたのサイトと競合サイトを比較

「検索順位を上げるために必要な対策がわかる」

×

HOME > モデルケース
> フレーム構成のWEBサイトをSEOチューニング


フレーム構成のWEBサイトをSEOチューニング

アクセサリー販売 K.A様

image

「フレーム構成のWEBサイトなのですが、SEOは可能ですか?」

このようなご質問をしばしばいただくことがあります。 結論から申しますと可能です。

フレームで構成されたWEBサイトは、フレームなしのWEBサイトと比べてSEO的に不利ということをよく耳にしますが、決してそのようなことはありません。
弊社でもフレーム構成のWEBサイトでのSEOの実績は数多く持っておりますし、動的サイトと呼ばれるCGIやPHP等で構成されたWEBサイトでのSEOももちろん可能です。

アクセサリー販売を行なうK.A様は、半年前からWEBでの販売業務を始めるにあたって、WEBサイトの制作を外注したそうです。出来上がったWEBサイトはフレームで構成されていましたが、当時K.A様はSEOのことをご存じなかったため、特にそのことについて問題とは思っていなかったようです。

しかし、その後、K.A様は独自にインターネットのことを勉強されるうちに、SEOではフレーム構成のサイトは不利ということを知り、弊社にお申込みされる際にそのことを心配されておりました。

確かにWEBやHTMLの知識が十分にない人がフレーム構成のWEBサイトを作った場合、どうやっても検索エンジンにヒットするWEBサイトにはなりませんが、正しいWEBの知識を持ってSEOチューニングをすることで、フレーム構成のWEBサイトでも問題なく検索エンジンで上位表示することができます。


追記:
上記ではSEOの面から見たフレーム構成のWEBサイトについて書きましたが、ユーザビリティ(利便性)の面から見ると、ちょっと見解が変わってきます。

◆フレームのデメリット

  • ・URLが固定されるため、任意のページをブックマーク(お気に入り)できない
  • ・すべて同じタイトルになってしまう
  • ・フレーム非対応のブラウザで見ることができない

以上のように、フレーム構成のWEBサイトはデメリットが多いことから、これからWEBサイトを作る場合や、フレーム構成のWEBサイトのリニューアルをご検討されている方は、通常のHTMLサイトでのWEBサイト作りをお勧めいたします。

また、フレームサイトに関してのご質問などございましたら、お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。

image

その他のモデルケースもご覧ください

  • お問い合わせ
  • お見積もり

  • フリーダイヤル0120-74-3577
  • お見積もり

image

image