ロングテールキーワードで検索効率をより良くするSEO対策

ロングテールキーワードで検索効率をより良くするSEO対策

SEO対策の基本といえば、サイトの内容に関連するキーワードで検索エンジンにヒットさせることです。該当するキーワードが多いほど、上位に表示される確率が高くなるのですが、多くに人が検索するキーワード(ビッグキーワード)で上位に表示させるのは至難の業です。

1.SEO対策の基本はキーワードでのヒット

SEO対策の基本といえば、サイトの内容に関連するキーワードで検索エンジンにヒットさせることです。該当するキーワードが多いほど、上位に表示される確率が高くなるのですが、多くに人が検索するキーワード(ビッグキーワード)で上位に表示させるのは至難の業です。 そのため、ミドルキーワードとスモールキーワードとを組み合わせてコンテンツを表示させやすくするとか、コンテンツSEOと呼ばれる新しいSEO対策など、いろいろな手法が生まれています。 そんな新しい対策の一つに挙げられるのが、ロングテールSEOです。

2.ロングテールSEO対策とは

ロングテールSEO対策の特徴は、これまでのビッグキーワード主体型のSEO対策に比べ、より多様なニーズに応えるところにあります。 商品の購入やサービスの利用において幅広いユーザーを取り込むには、たくさんのキーワードを使うロングテールSEO対策を施すのが効果的だということが分かってきました。 あなたのサイトがたくさんの多様なキーワードでヒットすれば、年齢層や性別、あるいは国籍などを問わず、様々な人が関心を持っていればサイトを訪れてくれることになります。 パレートの法則によれば、商品全体の売上の80%を、20%の人気商品が占めるということになります。かつてはこの考え方が一般的でした。 これを大きく覆したのがインターネットの台頭です。インターネットショッピングが広まったことによって、特定商品が支配的である時代から、非常にニッチな商品が数多く売れる時代へと変わっていったのです。 大手インターネットショッピングサイトにおいては、人気の上位に位置する商品よりも、さほど話題になっていない商品の売上の方が、人気商品よりも総額で多く売れるという逆転現象を生み出しました。 これをロングテールの法則と呼んでいて、インターネットショッピング全盛である現代の特徴となっています。

3.具体的なロングテールSEO対策はどのようにすればいいのか

インターネットショッピングが身近なものとなり、たくさんの商品を、それを求めるたくさんの人たちに知ってもらうためのロングテールSEO対策が、従来のビッグキーワードで売上をアップさせようとすることよりも重要になってきました。これからはまさにロングテールSEO対策が最優先ということになります。 ビッグキーワードの検索順位を上げるためだけの対策に固執すると、検索エンジン大手のGoogleがアルゴリズムを大きく変化させたときにペナルティを受けるという事態にもなりかねません。良質なコンテンツをいかに多く作るかが検索結果の上位に表示されるには不可欠となりました。 実際のところ、コンテンツの質を上げれば上げるほど、商品の売上やサービスの利用にも繋がることから、サイトの運営側にも大きなメリットがあります。 ビッグキーワードにヒットさせることにこだわるあまり、コンテンツの内容がお粗末になってしまったのでは、せっかくユーザーが訪問してもサイトによる収益アップにつながるかどうかは分かりません。 ロングテールの法則に則った、具体的なロングテールSEO対策はどのようにすれば良いのでしょう? ユーザーが見て面白い、あるいは内容が充実していると感じるコンテンツを作ることに尽きると言えます。 その意味では、原点回帰とも言えるかもしれません。

4.複合=ロングテールという考えが重要

ロングテールキーワードとは、複数の様々なキーワードを組み合わせた複合キーワードのことです。この複合キーワードをいかにうまく組み込むかが効果に大きく影響してきます。 実際、スモールキーワードの組み合わせを上手に行うことで、ユーザーの購買行動に促せることが、ロングテールSEO対策を実際に施した事例から明らかになってきています。 ユーザーの実に8割がロングテールキーワードからアクセスしていて、ビッグキーワードの威力は相当に低下しているのです。 どんな商品でもサービスでも、サイトがあるのが当たり前の時代になり、検索エンジン大手が検索順位を決めるに当たり、コンテンツの量や内容に重きを置くようになってきたことも相まって、コンテンツを充実させることがロングテールSEO対策の重要課題となったと言えそうです。 さらに、ロングテールキーワードによってサイトを訪問した人によるコンバージョン率は以前に比べると大幅に上がっていると考えられます。 商品の購入にしてもサービスの利用にしても、たくさんのキーワードを用いるロングテールSEO対策が、今後さらに重要度を増していくことは確実でしょう。