SEO競合分析で他サイトより検索順位を上げるには

SEO競合分析で他サイトより検索順位を上げるには

大きな企業も店舗も、様々なところが自社サイトを運営するようになりました。 こうなると、まずは自社サイトにSEO対策を施すことが、必須の営業対策と言って良いでしょう。

1.ライバルサイトと競合するのは今も昔も同じ

かつて、ライバル会社との競合と言えば、技術や取引先、営業力、宣伝力など様々な側面での競争であったため、あちらで負けてもこちらで勝つ、といったように棲み分けることが比較的容易でした。 けれども、いまや時代は変わり、プロモーションについてはインターネット上の情報発信に集約化されつつあるため、サイト間の競合に打ち勝つことがライバル会社に勝つことに直結してきました。サイトへの集客を増やすための、なんらかの対策が必要です。

2.SEOにおける競合分析とは

いまやSEOにおける競合分析は不可欠であり、ライバルサイトが存在する場合には最重視されています。 SEOで競合分析は大きく分けて2つあります。サイト単位での分析と記事単位の分析です。 サイト単位で分析をすれば、どのキーワードが多くヒットしているのかが分かりますし、またサイトの記事数をチェックしておくことによって、どの記事が多く読まれているかが分かるというわけです。 これがもう一つの競合分析である記事単位の分析へと繋がります。 たくさん読まれる記事を多く掲載しているサイトは、昨今の検索結果の主流となっているロングテールSEO対策には最適なため、良質な記事が多いと認識されているかどうかがSEO対策の分析から分かるからです。 これらの結果を踏まえ、競合サイトと自社サイトがどう違うかを分析するという流れになります。

3.SEO競合分析が効果的な場合

ユーザーにとっては、どこにSEO対策が施されているのが分からなくても全く問題ありませんが、サイト運営側にとって対策で効果が上がっているかを知ることは重要です。 ただし、分析に時間を取られてばかりというのでは、肝心のサイトの内容がお粗末になり、SEO対策どころの話ではなくなってきます。 そのため、明確なライバルサイトがある場合には競合比較を行うことで、自社サイトに足りない部分を見つけ、足りない点を効率的に克服するためにSEO競合分析が役立ちます。 同じ商品を扱っており、値段も一緒なのに競合サイトの方へお客さんが流れていってしまっているということが競合分析によって分かったならば、ライバルサイトをじっくりと調査して、自社サイトとの比較が必要です。 ユーザーがライバルサイトに流れているということは、端的に言って自社サイトがつまらない、あるいは利用しづらいことが原因かも知れません。 SEO競合分析によって、競合サイトと自社サイトを比較し、自らに足りない部分はどこかを自覚することが対策の第一歩です。

4.自社サイトに足りない部分を自覚することができるSEO対策

競合分析はSEO対策としては、二次的なものと言って良いでしょう。 SEO対策の第一の目標は、自社サイトへとユーザーを誘導し、商品を買ってもらうことやサービス利用に繋げてもらうことであり、競合するほかのサイトと競い合うことは本来の目的ではありません。 ただ、検索エンジンの結果において、ライバルサイトよりも上に表示されなければユーザーを増やせないことも確かです。 競合分析を行うことによって、ライバルサイトにユーザーが流れていることが分かりますので、ライバルサイトにあって自社サイトにないものはなんだろうという疑問を持つことができます。 他社がやっていて自社がやっていないことを取り入れるということにとどまらず、他社の事例を見ることでこれまで気づかなかった、ユーザーの心理や行動パターンが見えてくるかも知れません。こうした新たな知見を自社サイトに反映させれば、他社よりも良いサイトになっていきます。

5.自社で行うかSEOコンサルを利用するか

自社サイトを常に見ていると、これが当たり前という認識になりがちです。 また、いつも見ているため、特に見づらい、使いづらいという印象も持ちにくくなってしまうため、自社でサイトの管理および運営を行っている場合は、改善なしに漫然と更新し続ける企業も多いです。 そのため、SEOで競合分析を行うには、SEOコンサルを利用し、客観的に自社サイトを評価してもらうという方法も効果的です。 SEOコンサルを利用することによって、数多くのサイトを見てきたコンサルの目が自社サイトの弱点を見出し、強化対策に乗り出してくれるでしょう。