コンテンツSEOとは?何をどうすべきか?メリットとデメリットは?

コンテンツSEOとは?何をどうすべきか?メリットとデメリットは?

コンテンツSEOとは、サイトにあるコンテンツを使ってサーチエンジン最適化を図るという、新たなSEO対策の方法です。 今では検索結果の上位に表示されることを狙って技術的なSEO対策が施されたページよりも、そのサイトのコンテンツの優劣の方が表示順位に大きく反映されるようになっています。

1.SEO対策も進化してきた

SEO対策とは、検索エンジンの上位に表示されるよう、自社サイトに様々な対策を施すことであるということは、既に多くの人が知っていると思われます。サーチエンジン最適化とも呼ばれます。 集客力に優れたサイトがある一方で、全く人が集まらないサイトもあるのは、多くの人が検索エンジンを使って自分が探したい情報を求め、検索結果の上位に表示されたサイトだけを訪れているためであるとも言えます。 検索結果の表示が下の方になればなるほど、クリック率は急激に低くなります。 全てのサイトが競合関係にあるのと同じことですから、近年はSEO対策の戦略も進化しており、内部と外部の両方からアプローチすることが不可欠になってきています。 これをよくコンテンツSEOと呼んでいますが、コンテンツSEOに関しては今一つよく分からないという人もまだ多いのではないでしょうか。

2.新しい対策方法・コンテンツSEOとはどういうものなのか

コンテンツSEOとは、サイトにあるコンテンツを使ってサーチエンジン最適化を図るという、新たなSEO対策の方法です。 今では検索結果の上位に表示されることを狙って技術的なSEO対策が施されたページよりも、そのサイトのコンテンツの優劣の方が表示順位に大きく反映されるようになっています。 これは、検索エンジンロボットが、当初登場したときに比べ、機能が高度になり、性能が飛躍的に向上したためです。 つまり、SEOによって集客率を上げ、売上アップやサービス利用者を増やすためには、検索結果からサイトを訪れる訪問者に、より有益な情報を提供できるコンテンツを作るべきであるということです。

3.コンテンツSEOでは何を、どうするべきなのか

訪問者が有益だと感じるコンテンツが、検索結果の中でより上位に表示されます。 従って、コンテンツSEOで行うべきことは、サイト訪問者がこれは良いと思う情報をコンテンツにまとめ、情報発信をすることです。 検索エンジンはサイトの質を重視して判断するのですから、コンテンツSEOにおいて何をどうするべきかの答えはずばり、コンテンツの充実化を図ることと言えます。

4.コンテンツSEOのメリット

これまでであればSEO対策にヒットするキーワードがしっかりと設定されていないと、なかなか上位に表示されなかったのですが、サーチエンジンがコンテンツを重視するようになったことで、アルゴリズムが自動でガイドライン違反を判別し、ペナルティを課すという可能性が低くなりました。 コンテンツSEOでは分量の多いコンテンツの中に、検索回数の少ない、しかしそれを求める人は高い確率で検索に使うキーワードを散りばめるという方法をとります。これまでのSEO対策とは正反対ですが、利用者が求める情報にピンポイントでマッチしやすくなるという点が、これまでになかったメリットです。 その理由は、先に挙げたように検索ロボットの性能が飛躍的に向上したことが大きな理由となっており、コンテンツの充実がサイトの集客数を伸ばすことになったのは紛れもない事実です。

5.コンテンツSEOを行う場合のデメリットとは

良いことばかりのように思えるコンテンツSEOですが、実際にはやはりデメリットも存在します。 コンテンツSEOでは検索数の少ないキーワードを設定し、ニッチな検索結果を求める人と合致しやすくしますが、ニッチなキーワードを多数集めて検索量を引き上げようとするので、全体としては数多くのキーワード設定が必要となります。 するとそれらのキーワードの一部が埋もれてしまい、コンテンツSEOを施したものの、その費用対効果がどうも感じられないということがしばしば起こってきます。 コンテンツSEOによって、狙ったキーワードでより対象者を絞り込むことを目論むのですが、スモールキーワードだけでは効果に限界があります。 そこで、ビッグキーワードとミドルキーワード、それにスモールキーワードをうまく組み合わせて上位表示を狙うという方法がひとつの選択肢になります。これを実際に実施するとなると、最適の組み合わせを探すのは難しく、一定の試行錯誤が要ります、またそもそも大きな分量のコンテンツを用意する必要があり、それに時間がかかります。キーワード検索におけるコンテンツSEOは効果が感じられるまでにかなりの日数を要することになります。 つまるところ、即効性がないため、効果が出るのに時間がかかることがデメリットというわけです。 また、コンテンツSEOを実践すると、内容が充実しており、よく読まれるサイトを作ることになりますが、その結果、商品の購入やサービスの利用を目的とした人だけでなく、情報収集のためにサイトを訪れるユーザーも増えていくことになります。 コンテンツSEOに労力と時間を掛け、ページビューが増えても、訪問者が情報収集だけして他のサイトに移ってしまうのであれば、何にもなりません。コンテンツSEOで成果が上がってきたら、集客数だけでなく、コンバージョンレートにもよく注意してサイトを管理することが重要でしょう。